一昔前よりイメージが良くなっている消費者金融

一昔前の消費者金融は借金をするための金融業者というイメージがあったので利用するのに抵抗があるという人がたくさんいましたが、最近ではWeb完結で手続きが出来るようになっているなどサービス面が充実しているので利用しやすくなっています。

特にWeb完結で手続きをするという事でスマートフォンを使って即日振込で借り入れをする事が出来るというのも大きな魅力です。

最近では消費者金融が借金をするための金融業者というイメージも薄れていて若い人も利用するようになっています。

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上は借りる事が出来ません。限度額最大金額も年収によって左右されるので多い人ほど限度額最大金額も高くなります。

年収が少ない人は限度額最大金額も少なくなるのでしっかり頭に入れておくようにしましょう。

消費者金融は月々の最低返済金額が決められています。最低返済金額は業者によって異なってくるのでスムーズに返済していくには自分に適した業者を選ぶ事が大切です。

 

ファクスで小口融資を申込するメリットとは

どこかの会社から資金調達をする場合は、様々な契約手続きがあります。借りたいという旨を伝えた後に、様々な確認で問題なければ、契約書が交わされるケースが殆どです。

それで、小口融資http://xn--u9jygj0uwbb2769h354a1fo2gmitn.net/もそれは全く同じです。借受などを行う時には、やはり契約手続きを行う事になります。

金融会社と契約をする以上は、やはり連絡が必要になる事は間違いありません。電話やWEBなどで、とにかく借りたい旨を申請する必要があります。それで金融会社と自社とで様々なやり取りをした後に、最終的に入金になるケースが殆どです。

それで最近では、ファクスなどで契約手続きを行う方々も目立ちます。それは意外と速やかだからです。電話などでは、様々な聴取項目がありますから、思った以上に時間を要するケースも珍しくありません。かえってファクスの方が速やかな事も多いのです。

ちなみに最近では、WEB媒体のFAXも登場しています。それもまた便利ですから、必要に応じて活用すると良いですね。

 

金利を重視する人々によく選ばれるufj

個人事業主などは、たまに借用書の発行をする事があります。カードローンなどを利用した時には、大抵それは発行されるでしょう。様々な契約関連の内容が記載されていますから、とても重要な書面と言えます。

ところで借りようと望む方々としては、金利を重視する場合があります。それは明らかな手数料になりますから、軽視できるものではありません。

そもそも銀行から借りる時などは、金額がかなり大きい場合があります。数百万前後の金額になる事もあり、1%の差が数万円ほどになる事も多いです。

それで年利を重視する時には、ufjを検討してみると良いでしょう。この銀行は、他社と比べてもかなり手数料が低めに設定されていることは、ほぼ間違いないです。

上記で触れた通り、1%の差は非常に大きい訳ですから、それを節約できるメリットは大きいです。

ただし手数料が高めな分、それなりに審査ハードルも厳しめです。100%の確率で借りられる訳ではない点は、要注意でしょう。

住宅ローン 団信保険というホケン

おすすめ記事: みずほ銀行は、旧 第一勧業銀行、旧 富士銀行、旧 日本興業銀行の3行が合併した銀行ですから、給与口座を利用している人も多く、その分住宅ローンの利用も活発に行なわれています。
みずほ銀行住宅ローンの審査基準

家を買うのって一世一代の大仕事って感じだよね。しかも住宅ローンなんか組んだ日にゃあ、何十年も払い続けないといけない。気の長い話だよね~でも、ずっと賃貸に住むのもやっぱりちょっと考えるし、子供に残せるものだと考えたら、ひとつの投資なのかな。でも、もし長い期間だけに、もし住宅ローン組んでて支払中に、パートナーがなくなったらどうなるの?と思ってたら、やっぱり、金融機関もちゃんと考えてるんだね。

ありました。“団体信用生命保険”というのが。団信保険というのは、住宅ローンを借りている人が死亡したり高度障害になった時、借入残高に相当する保険金が支払われて、ローンが清算されるしくみの保険。これなら万一の時にも、借金のない家を家族に残すことが出来るというもの。スゴイ!こんなのがあったのか。でも、これが意外に保険料も安くない。でも、これこそホケンって感じ。生活費を残すのも大切だけど、借金が残るのもツライ。ダンナの収入で住宅ローンを組んでて、もし万が一があった場合、確実に払っていけないもんね。。。やっぱり、必要なものが用意されてるもんだ。

金融機関も借金払われないと困るしね。でも、もし、夫婦合算の収入でローン組んでた場合。団信はどちらか片方のローンに対してかけるものだから、どっちかが残った場合、半分残る事になるよね。その時のためには、生命保険とかでホケンかける必要がある。なんか、もしもばっかり考えてたら何も出来ないけど、もしもを考えないと、実際起こったときに対応出来ない。まあ、それが”ホケン”ってことだよね。最近はみずほ銀行の住宅ローンなんかをよく聞きます。

 

住宅ローンの金利について

マイホームを購入する人にとりまして、とても重要なポイントになってくるのが、住宅ローンの存在になってきます。たいていのケースでは、多額のお金を借り入れて、そしてマイホームを購入していくことになっていくわけですから、当然大きなポイントになってくるのです。

そして、この住宅ローンですか、銀行からの借り入れというスタイルがおすすめです。やはり、借入先が銀行ということであれば、それだけでも安心感の中で多額のお金を借り入れることができます。さらには、銀行であれば、金利につきましても、安定しているので、不安なく借り入れができてしまうのです。

ただ、銀行と一言で言いましても、実に数多くの銀行がありますから、どこから借り入れをすることで金利を抑えていくことができるのかは、いろいろとインターネットで調べていく必要があります。インターネットでこうしてローンの比較が簡単にできてしまうようなサイトが存在していますから、それを使っていくのが良いです。

これで魅力的な金利の設定となっているところから借り入れをしていくことができるのです。もちろん、これ以外にも他の銀行と差別化をはかるために、魅力的なキャンペーンをしているところもあります。

 

体験談

借り換えと新規借り入れを同時に行いました。非常に満足しています。

【年齢】:42歳
【職業】:会社員
【年収】:980万円
【家族構成】:妻、子2人
【借り換え時の借入金額・返済年数】:2800万円・35年
**********************************************************************

今の住宅ローンに借り換えをしたというか利用したのは、以前、別の自宅を持っていましたが、手狭になり、別の中古住宅を購入しようと考えたのがきっかけでした。以前も中古マンションを購入し、返済をしていました。20代の頃に購入したので、部屋数も少なく、全体が狭いマンションでした。子供も成長し、中学生になったのをきっかけに別の物件も物色していました。

そんなとき銀行に返済について相談に行きました。すると、今返済している住宅ローンも含めて、新しい物件の購入資金を借り入れしてみてはどうかとの提案。そのときに返済していた住宅ローンも残債が800万円程度であり、それと合わせ新しい物件の取得費用を合わせ、借りるという提案でした。試算をしてもらうと、そのときに返済していた住宅ローンの返済総額も借り換えにより、少しだけ返済総額は減り、なおかつ新しい借り入れを含めても十分返済できるシミュレーションでした。

また、良かった点が、保証料が低かったことです。年収や勤続年数、銀行取引年数などいろいろな項目によって審査をされ、決まるようなのですが、それが低い金額となりました。また、保険も以前は死亡や高度障害の場合のみの残債ゼロとなる保険内容でしたが、新しい保険はその他にも幾つかの疾病によっても残債がゼロになるという保険内容。

保証料は低く、保険内容は対象の幅が広がり、非常にお得感を感じました。住宅ローンの仕組みが十数年でそんなに変わっているとは思いませんでした。その提案を受け、すぐに借り換えプラス新規借り入れを申し込みました。

全体としては、借り入れ金額は増えましたが、新しい新居に引っ越すことができ、保障内容もだいぶ良くなったので、今は満足しています。金利も当然ですが、住宅ローンを選ぶ際には保証料や保障内容十分検討するべきだと思います。その銀行によって震災内容も違えば、扱っている商品の内容も違います。いろいろな銀行の商品を比較し、身近な銀行ほど安心できますので、ぜひ参考にしてください。

所得証明書不要のカードローン

所得証明書不要のカードローンを紹介します。まず、オリックス銀行です。100万円までの申し込みで審査をパスしますと、所得証明書は提出する必要はありません。最高で800万円まで申し込み可能ですが、100万円以上の申し込みの場合、所得証明書の提出が求められます。年利率は3%~17.8%です。保証人を立てる必要もなく、最短で即日に審査結果が分かります。

次に、楽天銀行です。楽天銀行は100万円までの申し込みで審査をパスしますと、所得証明書は提出する必要はありません。最高で500万円まで申し込みが可能です。年利率は4.9%~14.5%です。楽天銀行のカードローン申し込みで楽天ポイントが付与されますので、楽天市場でネットショッピングする際に、ポイントを充当することもできます。

オリックス銀行も楽天銀行も共通していますのが、銀行ということです。銀行は銀行法に基づきますので、100万円まで所得証明書不要というのも、100万円を基準に引いているという意味合いがあるからです。アコム、といった消費者金融については、貸金業法に基づいていますので、法律の解釈が銀行と消費者金融とでは違ってきます。

消費者金融でも所得証明書不要のカードローンはあります。例えば、アコムの場合、他社からの借入を含めた借入総額が100万円を超える人、アコムからの借入が50万円を超える人は所得証明書の提出が求められます。要するに、50万円を超える借入がない場合は、所得証明書の提出は必要ありません。アコムは貸金業法に基づいていますので、1社で50万円、複数で100万円の線引きを設けています。銀行と消費者金融ではボーダーラインの基準が違ってきますので、この点は確認しておくべきです。